基礎を身につける

基礎を身につける

中学受験において、偏差値を上げることは、子どもの実力を把握し、適切なレベルの学校を選択することにも繋がります。もちろん偏差値が高いに越したことは無く、受験できる学校の選択肢が大きく広がり、希望の学校の偏差値が合格圏内に入っていれば、その偏差値をキープできるだけの学力さえあれば、余裕を持って受験を受けることが出来るでしょう。

偏差値を上げるためには、とにかく基礎を身に付ける事が大切です。ほんの数日間勉強を集中して行っても、偏差値は1か2は上がるかもしれませんが、その程度ならテストの平均点やテストを受けた人の実力などで簡単に変動してしまうでしょう。偏差値を確実に上げていくためには、きちんと基礎を学んで、様々な問題に対応できるようにすることが最も大切なので、焦らずに確かな実力を身につけさせましょう。

基礎をしっかりと身につけるためには、とにかく時間が必要です。ただ公式を覚えるだけでなく、その問題が何を求めているのかを考えることが出来るまで、考えを広げることが出来るだけの知識が身につけば、どんな問題にも対応できるようになります。そのためにも受験勉強は早いうちから行うようにして、焦らずじっくりと勉強させてください。