家族で挑戦する

家族で挑戦する

よりレベルの高い中学校に子どもを通わせるためには、中学受験を合格できるだけの学力を身につけさせ、偏差値を向上させていく必要があります。そのためには学習塾などで学校よりも高度な授業を受けさせる必要もあり、少なくとも受験を想定していない小学生よりも学習時間は長くなります。小学生のうちは、勉強に対しての意欲もそれほど持ち合わせておらず、友達と遊べないことにストレスを溜め込むことも珍しくないので、子どもが一人で辛い思いをしていると感じさせないためにも、受験は家族で挑戦するものという意識を持ちましょう。

受験を受けるのは子どもだけですが、だからといって子どもにだけ辛い思いをさせてはいけません。子どもが分からないところがあれば率先して教えてあげたり、時には自分達も同じ内容を勉強して、自分が一人ではないということを見せてあげましょう。周りに同じ思いをしている人がいるというだけで、子どもが勉強に持つ印象は随分と異なります。

偏差値が伸び悩んでいる子どもは、勉強が分からないこともありますが、勉強に対するモチベーションが大きく下がっていることが予想されます。そうしたモチベーション低下をいち早く察知する上でも、子どもに常に接してあげることは非常に大切です。勉強の休憩時間にでも、その日あったことなど、ちょっとした会話をすることで、子どもの変化にも気付いていくでしょう。