モチベーションの維持

モチベーションの維持

中学受験で偏差値を上げるためには、とにかく地道な努力が必要です。毎日少しずつ色々な問題に触れて、理解力を深めていくことで、少しずつ偏差値は上がっていきます。偏差値を上げるための勉強の継続は、とにかくモチベーションの維持が大切なのですが、小学生のうちは勉強の重要性も分からず、集中力も途切れやすいので、常にモチベーションを高めることが出来るように、日頃から工夫を凝らさないようにしましょう。

子供のうちから勉強に対してモチベーションを持たせるのは至難の業です。親にとっては良い中学に入ることが死活問題でも、小学生の子どもにとってはそれほど重要なことでもないので、はじめのうちは勉強をすることで、何かプラスがあると思わせるようにしましょう。例えば遊びの時間の前に勉強の時間を設けるなど、辛い勉強の後には良いものが待っていると思わせることで、モチベーションを保つようにしましょう。

モチベーションの維持においては、子どもに辛い思いをさせないということも大切です。分からない勉強を無理やりやらせるだけでは、正す取れスレを溜め続け、モチベーションを下げることになるので、分からないところがあるなら、自分たちで解説して、理解することの楽しさを教えるようにしましょう。子供のうちは分からないとすぐにやる気をなくしてしまうので、しっかりとやる気をコントロールできるよう、常に気を配りましょう。