勉強の方向性を絞る

勉強の方向性を絞る

中学受験を成功させるためには、希望する中学校の偏差値を超え、合格圏内に入る必要があります。そのためには当然勉強しなければなりませんが、中学受験を受ける場合は学校の授業よりも高度な試験を行うため、学習塾などで専門的な学習を行う必要があります。この際どのような勉強を行うかでモチベーションの維持や最終的に上がる偏差値が変わるので、勉強の方向性はきちんと絞るようにしましょう。

偏差値を上げようとして、色々な塾を掛け持ちさせたり、自宅学習にも力を入れるという方も中にはいるそうですが、勉強の方向性をいたずらに広げると子どもが混乱します。こうなると子どものストレスもどんどん増えていき、勉強のモチベーションも失っていきますし、塾の講師としても、考案していた塾の学習プランを崩されることになるので、受験勉強を行う際は勉強の方向性をしっかり絞り込んで、子どもがそれだけに集中できるようにしましょう。

学習塾の大半は、生徒に加えて保護者とも面談を行うようになっています。その際どのような形で勉強を進めていくのかを確認してから、自宅での勉強法を組み立てることで、子どもがしやすい勉強の流れを組み立てることが出来ます。中学受験を受けさせるのは初めてという方は、自宅での自分たちのサポートについても、専門家である塾講師に確認しておくのも良いかもしれません。