じっくり時間を掛けて

じっくり時間を掛けて

中学受験と偏差値は切っても切れない関係にあり、基本的には偏差値は上げるだけ上げておくに越したことはありません。そのため学習塾などに通わせて、少しでも偏差値を上げさせようとする方もいますが、偏差値は一朝一夕に上がるものではなく、仮にほんの少し上がったとしても、その日の調子や問題の傾向、他の生徒の出来栄えなどで、多少の偏差値は簡単に変動するので、それほど一喜一憂するようなものでもありません。

偏差値の価値は、余裕を持って志望校に入学できるだけの偏差値をキープできた時に現れます。そのためには基礎学力を鍛え続けなければならないので、少なくとも数年間は受験勉強を続けていかなければならないと思ってください。勉強内容も、ただ公式や問題の中身を覚えるだけでなく、どうしてその公式が役立ち、問題それぞれが何を求めているのかを理解するような、深い読解力が求められるので、それらを得るためにも長い時間を掛けて勉強し、経験を積み重ねなければなりません。

偏差値を上げるためには長い時間を掛ける必要があるので、多少偏差値が低くなってもすぐに焦ってはいけません。必要以上にプレッシャーを掛けると、勉強へのモチベーションにも影響するので、非難する前に何が原因なのかを冷静に確認し、着実に問題を解決させていきましょう。