子どものタイプを把握

子どものタイプを把握

中学受験を成功させるためには、偏差値を可能な限り上げておきたいところですが、偏差値を上げるためには高い学力を得るために、地道に勉強を続けさせる必要があります。子どもの勉強に対するモチベーションは、それほど高いわけではなく、中学校の選択の重要性についてもそれほど深くは認識していないので、少しでも子どもの成長を促すためにも、どのようにすれば勉強に関心を持つタイプなのか把握する必要があります。

子どものタイプを確認するためには、普段の生活態度や勉強の様子から判断していく必要があります。例えばほめられて伸びるタイプなのか、叩かれて伸びるタイプなのかといった違いも、勉強のモチベーション維持の参考になります。普段の生活でどちらかの傾向が強いようなら、それにあわせた勉強のサポートを実践してみましょう。また、質問に対する積極性や、分からないことへの対処法など、指導の参考になりそうな要素は逐一チェックしてください。

子どものタイプに合わせた指導が出来ないと、勉強に対するモチベーションは大きく損なわれていきます。こうした傾向は自分たちで見るのはもちろん、第三者の意見も参考になるので、学習塾に通わせている場合は、定期面談などを利用して、子どもがどのようなタイプなのか、講師の意見も聞いてみてください。