応援を続けてあげて

応援を続けてあげて

中学受験を視野に入れて勉強させる場合、期間は年単位で与えておきたいところです。問題に対しての理解力を高めるためには、とにかく場数を踏んで、どんな問題にも対応できるようにすることが重要なので、それをサポートする側も、長い受験勉強の期間を支援し続けるように努力を続ける必要があります。学習塾や家庭教師など、指導の専門家も大勢いますが、自分たちも子どもの将来のために、積極的に応援を続けるようにしましょう。

家族が応援することは、子どもに大きな安心感を与えることが出来ます。遊び盛りの子どもは勉強を長時間続けることにストレスを感じやすいことも多いのですが、近くに家族がいるだけでも、子どもにとっては大きな支えになります。また、子どもと一緒に問題を解き会うなど、共通の問題に取り組むことで、子どもが親に持つ感情も変わり、分からないところを質問するなど、勉強に対するモチベーションが上がりやすくなります。

受験勉強にはとにかく長い時間が必要です。その間は勉強の支援をする時間もないという方もいるかもしれませんが、それでも近くに頼れる人がいるということは、勉強のモチベーションに大きく影響します。将来の中学校受験のためにも、保護者の方は応援を続けてあげてください。