睡眠時間に注意

睡眠時間に注意

中学受験を受けるにあたり、志望校の合格圏内まで偏差値を上げるためには、とにかく地道に勉強を続けることが大切です。そのために学習塾に通わせたり、自宅学習の時間を設けたりすることは当然必要になりますが、その上で子どもの睡眠時間にも気を配るようにしましょう。無理に勉強時間を増やそうとして、子どもの睡眠時間を減らすようなことがあれば、偏差値は伸び悩み、合格が遠ざかってしまうでしょう。

偏差値を上げるためには、十分な学習時間が必要ではありますが、子供のうちはそれ以上に十分な睡眠時間を確保することが大切です。睡眠時間は脳に一日に起きたことをインプットさせるための時間でもあり、十分な睡眠時間を取らせないと、勉強で覚えたことが頭に定着しにくくなります。さらに睡眠不足で身体の疲れが取れないと、どんどん疲れが蓄積して集中力が途絶えやすくなり、体調不良も起こしやすくなってきます。

最近は学習塾に長時間通わせて、睡眠時間を削ってまで勉強させる保護者もいますが、そうした子どもは逆に成績が悪く、受験に失敗したケースが多いといいます。特に受験間近になると、最後の追い込みとして勉強時間を追加させようとする方もいますが、そうした付け焼刃の勉強は大したプラスにはならないので、それよりもいつもどおりのペースで着実に苦手なポイントなどを復習させて、十分な睡眠で心と身体をリフレッシュさせてあげてください。