子供主体で考える

子供主体で考える

中学受験の時には子供主体で考えた方が良いことがたくさんあります。まずは志望校選びです。親御様が良かれと思った志望校でも、子供にはもっと行きたいと思う志望校があるかもしれません。あくまでも主役は子供であることを親御様は理解しないといけません。塾を選択する時にも子供主体で考えてあげたほうが良いでしょう。

集団塾か個別指導塾かの選択になりますが、まず子供はどちらを希望しているかをしっかり聞くようにしましょう。子供が集団塾を希望しているのであれば、まずは行かしてみるのも一つの手です。そこで中々成績がアップしないのであれば、今度は個別指導塾に転塾するという選択が生まれるものです。親御様の判断で全部を決めてしまうと、子供の気持ちは無視することになってしまいます。あくまでも中学受験を受けるのは子供であり、親御様はサポートに徹しないといけません。

子供が間違った方向に進んでいる時には、正しい方向に導くことが必要ですが、子供の気持ちを尊重することを大事に考えるべきです。集団塾か個別指導塾を選択する時には、どちらにもメリットがある為、中々選択が難しいです。子供の気持ちを考えた上で、適切な選択をするのが望ましいと言えます。